Yu-Run記

郵趣(切手・風景印など)とランニング・マラソンのブログです

【風景印】下関幡生郵便局

下関幡生郵便局風景印
2019年12月16日、下関市内郵便局回り(8)・下関幡生郵便局に寄り、風景印を集印しました。


◆下関幡生郵便局(しものせきはたぶ) ※変形印
・住所:〒751-0828山口県下関市幡生町2丁目3-34
・図案説明:JR山陰本線・山陽本線分岐点、関門トンネル、関門橋(外周:フグ)
・使用開始日:1990年(平成2年)4月2日
※使用切手:[上から1枚目]日本国有鉄道14系(寝台車)(鉄道シリーズ切手第2集、2014.10.10発行)、[上から2枚目]EF30形(電気機関車シリーズ切手第5集、1990.7.18発行)、[上から3枚目]関門トンネル(関門トンネル開通記念切手、1958.3.9発行)、[上から4枚目]関門橋(関門橋開通記念切手、1973.11.14発行)、[上から5枚目]ふぐ提灯(ふるさと切手山口版、1989.11.1発行)

下関幡生郵便局風景印

下関幡生郵便局風景印

下関幡生郵便局風景印

下関幡生郵便局風景印

下関幡生郵便局風景印
(注)上記画像(63円未満切手の押印)について、葉書大の台紙に当該切手を含め額面合計63円以上の切手2枚をそれぞれ5cm以上離して貼付し、それぞれの切手に風景印押印(1枚の台紙に額面合計63円(国内葉書料金)以上の切手に同一種類の消印を最低回数押印(前述のケースだと2回)することは、記念押印の規定で認められた押印方法)した一部分を掲載したものです。


下関武久郵便局→下関幡生郵便局の移動は自転車(レンタサイクル、約1.1km)利用。
朝8時30分前、風景印に描かれているJR山陰本線・山陽本線分岐点へ。ちょうど山陰本線・綾羅木駅(8:27発)→幡生駅(8:31着)のキハ40系気動車(小串駅始発→下関駅終着)を見かけ、急いで撮影。

JR山陽本線・山陰本線分岐点写真

JR山陽本線・山陰本線分岐点写真

JR山陽本線・山陰本線分岐点写真
風景印のアングルのように手前が分岐前という位置で撮影するのはカーブがあること。また複線の山陽本線の間に単線の山陰本線があり、山陰本線が山陽本線下り(新下関駅→幡生駅の)の下をくぐるため、明確に分岐がわかるように見ることは困難。よって、逆に分岐しているところから合流するアングルで撮影。
使用切手で電気機関車シリーズ切手・EF30形は山陽本線・下関駅~門司駅間(関門トンネル経由)で運用。風景印で描かれている区間は運用外ですが、貨物列車は幡生駅そばの幡生操車場から運用されていたので、風景印集印しました。


風景印/下関幡生郵便局