Yu-Run記

郵趣(切手・風景印など)とランニング・マラソンのブログです

【run観光】新ひだか町観光・その2

イメージ 1

2018年5月12日(土)、新ひだか町・東静内駅→本桐駅のジョグ(走り)(一部、JR列車代行バス移動)での駅名標等撮影。そのついででの新ひだか町のrun観光(風景印題材中心)・その2です。

run観光/新ひだか町観光・その1
https://blogs.yahoo.co.jp/yu_runki/15514451.html

◆蓬莱山・蓬莱山の岩碑(三石蓬栄)(三石郵便局風景印)
JR日高線列車代行バスで日高三石駅→蓬栄駅移動。蓬栄駅&代行バスを撮影(道路は道道534号・富沢日高三石停車場線)。蓬栄駅ホームの西(日高三石駅、静内駅方面)、線路の先に見えるのが蓬莱山。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

道道534号を日高三石駅方面に進み、蓬莱山手前から撮影(蓬莱山は道路の右手)。
イメージ 5

今度は蓬莱山の西から蓬莱山を撮影(蓬莱山は道路の左手)。
イメージ 6

蓬莱山に戻ると、右手にJR日高本線の線路、左手の山の麓に石碑があります。
イメージ 7

イメージ 8

2つある石碑の左が三石郵便局風景印に描かれている「北海道文化財百選 蓬莱山の岩」碑。「北海道文化財百選」といえば廃刊されている新聞「北海タイムス」を刊行していた北海タイムス社が制定したもの。余市駅前郵便局風景印に描かれている「茂入山城跡」碑も「北海道文化財百選」のひとつ。2017年に撮影した茂入山城跡碑の後ろが昭和丗一年十月 北海タイムス(社)」とあったので、「蓬莱山の岩」碑の後ろを確認したところ「昭和丗一年十一月三日 北海タイムス社建立」とありました。

run観光/余市町内観光
https://blogs.yahoo.co.jp/yu_runki/15017994.html
(「北海道文化財百選 茂入山城跡」碑を掲載)

ただ「立」の文字の下部が土台に食い込んで隠れており、土台に食い込むことを想定しないまま刻印したものと思われます。
それにしても、「北海道文化財百選」の碑が風景印に2つも登場しているのは偶然でしょうがビックリですね。
「蓬莱山の岩」碑の右には七言絶句の漢詩の碑がありました。
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

蓬莱山のそばに蓬莱山公園があり、三石川河川敷にパークゴルフ場があります(上から1、15、16枚目写真)。蓬莱山公園では7月第1日曜に「みついし蓬莱山まつり」が行われ、蓬莱山と対岸の岩との間に長さ約130m、重さ約2.4トンの巨大しめ縄が架けられます。
イメージ 13

イメージ 14

◆牧場(馬(サラブレッド))(春立郵便局、本桐郵便局風景印)
本桐の牧場でも、親子のサラブレッドが駆け寄って、こちらを向いてくれました。
イメージ 15

◆獣魂碑
満開の桜の木のそばに獣魂碑を見かけました。
北海道内では動物を供養する碑がたくさんあります。今回のrun観光でもこのほか馬頭観世音碑、牛魂碑を見かけました。
イメージ 16

イメージ 17

◆馬&日高山脈(本桐郵便局風景印)
馬&日高山脈の山を撮影したところ、ちょうど馬がこちらを向いてくれました。
イメージ 18

その3につづく…。

run観光/新ひだか町観光・その3
https://blogs.yahoo.co.jp/yu_runki/15518056.html